データ運用と管理体制

【業務用エアコン】の会社を選ぶなら
管理の優秀なウェーブ
「見える化」と「見せる化」

ウェーブは、全国規模でエアコンの修理・工事・メンテナンスに対応しています。
たくさんのお客様に選ばれる主な理由は、「データの運用」と「行き届いた管理」です。

「データの運用」
ウェーブでは「データの運用」を緻密に行うことで、単なる空調施工だけでは得られない付加価値を生みだします。

「行き届いた管理」
エアコンの会社を選ぶ際、通常は「できるだけ信用できそうな会社を選んで依頼したい」と考えるものです。例えば、エアコンが故障して暑いときや寒いときはたいへんな思いをします。そんな中、お客様が苦労して見つけ、依頼した業者の施工や管理・報告がずさんだと、さらなるトラブルになりかねません。エアコンが効かない状況で、「手間」がかかるばかりです。ウェーブはバックグラウンドである管理体制に力を入れていますので、そんなご心配は無用です。

お電話でのお問合せ 052-795-0057

データの運用

空調機設備の施工を依頼する際、業者に対するイメージはどのようなものでしょうか?

ウェーブは、「ただ施工するだけ」や「作業が終わりさえすればよい」といった考え方をよしとしません。店舗、工場、オフィスなど施設に応じて、お客様のニーズに合わせた様々なデータの管理及び分析をしています。「データ取得による案件の管理」、「データ蓄積・分析によるご提案」といった方法でお客様に貢献いたします。

案件種別割合 月間受付件数 種別受付件数

データ運用事例

ウェーブのデータ運用の例をいくつかご紹介します。
様々なデータを管理し、お客様へのフィードバックと活用をしている事例です。

≪営繕管理・コストや予算面にも貢献≫

  • ご依頼状況

    ご依頼状況

    例えば多店舗運営をしている企業様の場合、各店舗にある空調の営繕状況を、本社で一括管理することが可能です。管理をしていくうえで、「店舗と本社で連携がとれておらず、必要以上の工数がかかっている」「本社で状況を把握しきれていない」といったケースが判明することもあります。
    ウェーブはデータの厳密な管理と適切なご報告により、お客様をサポートします。

  • 月別・年別費用推移

    月別・年別費用推移

    エアコン工事のご依頼は、やはりご利用の多くなる夏場や冬場に集中します。
    そのためご依頼をいただいても、すぐに施工できないということは少なくありません。
    ウェーブでは、「この時期に修理が多い」「前回はどのくらいの費用でどこを修理した」などのデータを把握しています。
    それを踏まえ、企業様にフィードバックとご提案をすることで、コスト把握や予算組み、前もっての営繕管理に貢献できます。

  • 地域別案件数

    地域別案件数

    多店舗運営の企業様の場合、エリアごとのデータが必要になることがあります。出店の強いエリアや弱いエリアがあり、そのコストを把握するためです。
    データ分析により、「あるエリアの機器は全体的に古くなってきていて故障案件が増えている」ので、「次回の移店・出店計画の参考にする」といった活用もできます。

≪「案件情報」と「機器情報」≫

  • 進捗管理

    進捗管理

    ウェーブでは、ひとつひとつの案件の進捗を詳細に管理しています。
    ご依頼を受け付けた時間や、現地点検・調査で訪問した日などの把握はもちろんです。
    案件によって、店舗様と本社様で決裁が分かれている場合がありますが、店舗様がお急ぎでの対応を望まれる場合、ウェーブから「お見積もりをいつ提出して、決定をいついただいて、修理部品の納期はこの日です」とご説明をすることで、計画がスムーズになります。

  • 機器情報

    機器情報

    店舗様でのエアコンの機器情報を蓄積することは重要です。
    機器のメーカー様を把握しているだけでも、施工するサービスマンの「作業のしやすさ」が違ってきます。機器情報を知ることができれば、経年劣化状況に加え、部品供給状況もわかります。
    設置場所のデータなどは修理作業の難しい場所かどうかといった、施工をスムーズにするための判断ができるのです。

  • 修繕履歴

    修繕履歴

    修繕履歴データに関しては、幅広く分析や活用ができます。
    例えば「エアコンのどこの部品が故障したか」を調べる際、交換したばかりの部品なら、当然それが経年劣化で壊れた可能性は低いです。
    また、「お店のエントランスのエアコンと、売場のエアコンが故障した」という場合、「同時期に設置した事務所のエアコンも経年劣化しているのでは」などの予測が立てられます。

データの運用と管理体制の重要性

データの運用と管理体制の重要性

「データの蓄積」「管理と分析」「フィードバック」「ご提案」のサイクルは、どんな業種、どんな仕事であっても大事なことではないでしょうか。
データの蓄積は、トライアンドエラーの役に立ち、改善を促します。
蓄積したデータを管理し、分析することで予測につながります。
ウェーブの得たデータは、お客様にフィードバックすることで共有が可能です。
そして分析したデータにより、質の高いご提案ができるのです。
我々ウェーブはこの「当たり前」とされることを、しっかりと考え、認識しています。
そのため、目立たない部分の仕事をおろそかにすることはありません。
「データのひとつひとつは少なくてもしっかり積み重ねていく」「管理体制は細かく気を配る」、そういった姿勢が多くのお客様に支持されています。

お電話でのお問合せ 052-795-0057

ウェーブは「任せられる空調管理会社」です。

ウェーブは「任せられる空調管理会社」です。

ウェーブは管理体制がしっかりしているため、企業様に安心してご依頼をいただいています。
「作業」や「作業の報告書」だけではない、「予算」「コスト」を考えるうえでも大切な「データ」のフィードバックができます。
ウェーブでは空調事業において、時代のニーズに合わせて変化する努力や、バックグラウンドでの努力を惜しみません。
店舗・工場・オフィスといった様々な場において、空調管理や空調のトラブル対処だけでなく、コスト把握や予算予測などにもお力添えができます。
管理体制が盤石ですので当然、対応も素早くスムーズです。
ウェーブは「任せられる空調管理会社」です。

ウェーブのデータ運用と管理体制

ウェーブの空調事業は施工作業だけではない、付加価値を生みだします。

多店舗様の営繕状況を一括管理
多店舗経営をしている企業様の場合、お店によって扱っている空調設備やその状態が異なるため管理が一苦労です。ウェーブはお客様が運営する店舗の空調の情報をまとめて管理しており、営繕状況をすぐに確認できます。
個別案件を詳細に管理
ウェーブではひとつひとつの案件を細かく把握しています。ご依頼をいただいた日時をはじめ、現地点検をした日や故障の原因、工数管理の記録を残すことで、次回以降よりスムーズな対応ができるようになります。
データ分析に基づくご提案
創業から約20年にわたり蓄積してきたノウハウをもとに、空調の設置・修繕のご提案をいたします。また、ウェーブからフィードバックしたデータを、マーケティングにご活用いただくことも可能です。
データを活用した迅速な対応及びトラブル防止
「信頼できる業者」を見つけるのは意外と難しいものです。対応がずさんなところに依頼すると、思わぬトラブルにつながりかねません。ウェーブでは細かいデータの記録と厳密な管理により、スピーディな対応が可能です。